【いざというとき役立つ】子ども用マスクを忘れても焦らずOK!大人用マスクを子ども用に変える”ミラクルアレンジ術”

外出先で子どものマスクの替えが足りない!!でも、大人用だと大きすぎるし、コンビニには子ども用売ってないし…。そんな時に便利な、大人用マスクを子ども用にアレンジする方法をご紹介します!
目次

外出先で子どもがマスクの紐を引っ張って切ってしまった。
防炎 ウォッシャブル 遮光3級 カーテン 東リ カーテン エコグラフィア スタンダード縫製 TKY7246〜7248 巾〜100cmX丈181〜200cm

コロナ禍で、子どもでもマスクなしでは入場できない場所が多く、子ども用マスクがないことで困った経験をしたという方は多いのではないでしょうか。
そんな時におすすめなのが、大人用マスクを子ども用にアレンジする方法!

既に多くのSNSで子ども用にマスクをアレンジする方法が紹介されていますが、実際のつけ心地や手軽さはどうでしょうか。
今回は実際に編集部員Aが子ども用に作ってつけ心地や難易度をレビューしていきます!

大人用と子供用のマスクの大きさはどれくらい違う?

マスクアレンジの前に、大人用と子供用のマスクの大きさについて比較してみましょう。

薬局で購入した物で比較してみたところ、子ども用は12.5cm×8.5cm、大人用は17.5cm×9cmとなり、高さ0.5cm、幅5cmの差があることがわかりました。 高さには思ったほどの差はありませんでしたが、幅は小さくしないとかなり不格好になりそうですね。

試しに大人用のマスクを6歳の息子に装着してみました。横幅が不自然に大きくなり、隙間も大きく、これではマスクをしている意味がありません…。

大人用マスクを子どもようにするアレンジ方法2つ!

やはり大人用をそのまま付けさせるのはマズイ…というわけで、子どもように折るアレンジを実践してみました。
どちらも幅広くネットで公開されているものですが、作り方とともにおさらいします。

折り方その1 上下を折り畳む方法

1.外気に触れる面が内側になるようにマスク上辺と下辺を折りたたむ。

2.両端の紐をしっかり引っ張って固結び。

168 Pcs Unicorn Balloon Garland Arch Kit 12'' 10'' 5'' Gold Confetti Pink L並行輸入品

4.最後に形を整えれば完成!

こちらはとにかく早く作れる方法。慣れれば10秒ほどで完成しますよ。

ちなみに、3つめの工程で両端をしっかり押さえずに一緒にひっくり返してしまうと隙間ができてしまうので要注意!

【1000枚】フラットバッグ M(フランス) 福助工業 レジ袋 ビニール袋 ポリ袋 手提げ袋 (地域限定 送料無料)1000枚入

折り方その2 三角形に折りたたむ方法

壁掛け時計 北欧 シンプル おしゃれ 木製時計 連続秒針 音無し 静音 インテリア クロック 円形 天然木 フック付き 電池式 装飾 引越し

2.上辺の紐どうしが重なるようにさらに折りたたむ。

3.両端の紐をしっかり引っ張って固結び。これを左右両方で行います。 4.最後に形を整えて完成!

こちらはコツ要らずで形状もきれいに作ることができます。また、1.のマスクの下の角を対角線上よりも少し外側(または内側)にずらせばサイズを微調整できるのもポイントです。

【本日特価】 関税込み国内発送 Saint Laurentジップ カードホルダー コインケース・小銭入れ 色・サイズを選択:ブラック

JU94049 【10個入】 VPコートM級【キャンセル不可】ポイント10倍
折り方1の上下を折り畳む方法は鼻からあご部分までしっかり包み込み、横から空気が入り込む隙間もなくしっかりフィット!

続いて、折り方2の三角形に折って作ったマスクを装着。こちらも隙間なく、しっかりフィット!

ただ、子どもからは少しきつい…との感想が。
しかしサイズ調整できるのがこの折り方のいいところ。折り方を少し緩めたところ、ぴったりサイズに調整することができました。

結論としては、どちらも隙間なくつけ心地もバッチリ! ただ、上下から折りたたむ方法よりも三角形に折り畳んだ方が両端の形がやや崩れにくく立体感が保てる印象がありました。 また、実際に両方作った感想としては失敗が少ないのは三角形に折りたたむ方法でした。
特にこだわりがなければ折り方2の三角形に折りながら作る方法がおすすめです!

***

子ども用マスクはコンビニでの販売も少なく、いざ必要な時にないと周りの目も気になってしまうところ…。必要とされるシーンでパパッと手際良く作れるようになっておくと、いざという時に安心ですよ。

おすすめ記事

「子どもとの暮らし」人気ランキング

うちの子の年齢別情報

おやこの毎日に
役立つ情報をお届けします

PROSTHETIC1.COM RSS